MENU 〜 無外流兵法譚
はじめに 〜 無外流兵法譚
史談往来 〜 無外流兵法譚
武道浪漫 〜 無外流兵法譚
お問い合わせ 〜 無外流兵法譚
TOPページ 〜 無外流兵法譚
無外流真伝剣法訣 〜 無外流兵法譚
無外流兵法譚
史談往来 〜 無外流兵法譚
山口流剣術とその時代   第六回

 根元之一  飛鳥翔車勝剣
              (ひちょうかけりしゃしょうけん)


ここで、山口流剣術の根元となった「車勝剣」「破勝剣」「砕勝剣」を、複数の伝書で補完しながら再現してみましょう。ただし、体捌きや足遣いなどは伝書にも記載がなく、ここで再現するのは、その雰囲気を知るくらいにお考えください。

今回の試みにあたっては、打太刀と仕太刀のそれぞれに特別ゲストに登場してもらいました。
椿三十郎と柳生十兵衛です。

   打太刀   椿三十郎(三船敏郎)
   仕太刀   柳生十兵衛(佐藤浩市)


まずは、「車勝剣」です。
この技は、正式には「飛鳥翔車勝剣」と言います。
初めに、動作の概観からお話しします。

椿三十郎が、正面から柳生十兵衛に斬りかかります。十兵衛は、身体を右にかわしながら、左手に持つ脇差と右手に持つ長刀で、連続して椿三十郎に斬り付けます。今度は、右の長刀と左の脇差しで連続して斬り付けます。
これを、繰り返すのが「車勝剣」の主要な動作です。


@.椿三十郎は、八相(または上段)に構えます。
  柳生十兵衛は、右手に長刀、左手に脇差を握り、両刀の切先を下に向けながら、落としていた腰を上げます。


 


A.柳生十兵衛の正面が空いているのを見て、椿三十郎は正中線に向かって斬りかかります。
  柳生十兵衛は、身体を右にずらしてこれをかわします。そのときに、左の脇差を首の右側に回します。
  椿三十郎は、急いで体勢を立て直そうとしますが、十兵衛は右手の長刀で椿三十郎の太刀を押さえつけることも可能です。

  


B.柳生十兵衛は脇差を横一文字に斬り付けます。
  椿三十郎は、後ろに下がります。

  


C.柳生十兵衛は、間髪入れずに、右の長刀を斜め下から左上へ切り上げます。十兵衛は、この動作で前方に進みながら、左側に身体を移動させます。

  


D.柳生十兵衛は、右下から斬り上げた長刀を、そのまま左肩に担ぎます。

 

この後、左肩にある右手の長刀を横一文字に斬り付けます。そして、左手の脇差しを左下から右上に斬り上げます。

この一連の動作は、延々と繰り返すことが可能です。二人の移動に注目すると、椿三十郎がまっすぐ後退していくだけなのに対して、柳生十兵衛は右、左、右、左、とジグザグに身体を運びます。

また、この車勝剣は、前後左右の敵に囲まれた状況でも遣うことが可能です。もし前→後の順に敵を倒すのであれば、前の敵は通常のように右に移動して倒し、次に左に移動せずに振り返るのです。



Back(第五回)<< メニュー >> Next(第七回)
 

トピックス 近世史研究会 〜 無外流兵法譚
2010.03.20  無外流創始330周年記念
史談往来 「辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 噴火の章」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2008.11.15
史談往来 「宗偏流と石州流 辻月丹と茶湯」 アップ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2008.06.23
史談往来 「辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 青雲の章」 リニューアル  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2008.02.01
武道浪漫 「山口流剣術とその時代」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9

2007.09.16
史談往来 「辻月丹はここにいる 無外流祖・辻月丹物語 不死鳥の章」 アップ 
2007.05.21
史談往来 「無外流と忠臣蔵 元禄赤穂事件外伝」 アップ 
2007.05.01

史談往来 「吸江寺をさがせ! 無外流が生まれた風景」 アップ 
2007.04.08
史談往来 「辻月丹はここにいる 無外流祖・辻月丹物語 青雲の章」 アップ 
2007.03.10
史談往来 「プロジェクトエックス 将軍謁見事件の真相」 アップ 
2007.03.01
史談往来 「無外流と文殊菩薩」 試験アップ 
2007.02.25
無外流兵法譚 試験アップ開始  
 COPYRIGHT(C) Modern History Workshop.

無外流兵法譚