MENU 〜 無外流兵法譚
はじめに 〜 無外流兵法譚
史談往来 〜 無外流兵法譚
武道浪漫 〜 無外流兵法譚
お問い合わせ 〜 無外流兵法譚
TOPページ 〜 無外流兵法譚
無外流真伝剣法訣 〜 無外流兵法譚
無外流兵法譚
史談往来 〜 無外流兵法譚
山口流剣術とその時代   第七回

 根元之二  鶴羽重破勝剣
         (つるのはがさねはしょうけん)


「車勝剣」では「二星の目付」(にせいのめつけ)が大事であることが述べてあり、「破勝剣」「砕勝剣」では「遠山の目付」が大事と述べてあります。

「二星の目付」とは、柳生十兵衛三厳の「月見集」という剣術書に次のように書かれています。

二星の目付之事

二つの星と申候は、敵の柄を握たる両拳を申候。何ほど懸り成る敵にても、その拳の動かざる内は、此方には当たらざるものにて候。然故に、此の動きを能く見て、其の動きをぬかさず勝心持能候。二星と二つに見るは悪く候。二つを一つに見なしたるが能く候。是を二星と云う。

                 柳生三厳著「月見集」より

敵が自分を斬るときには、太刀より先に握っている拳が必ず動くのだから、その拳の動きを見逃さなければ敵を制することが出来る。両手の拳は、別々に認識するのではなく、一つと見なすことが肝要である。このような意味のようです。

したがって、「車勝剣」では、相手が真っ向から斬り出す太刀を、ギリギリのタイミングで見切ることが重要なポイントとなります。また、自分の身体を左右交互に移動させるため、敵の正面を越えるときにも、敵に真っ向斬りをされないように注意しなければなりません。このとき、敵の拳に注目するのが秘訣なのかも知れません。

もう一方の「遠山の目付」は、もう少し複雑です。これについては、次の「砕勝剣」で取り上げましょう。


「破勝剣」の正式名は「鶴羽重破勝剣」と言います。
名前からは、優雅な技の印象を受けますが、実際はどうでしょうか?


@.椿三十郎は、八相(または上段)から正面に斬り付けます。それを柳生十兵衛は脇差と長刀を交差させて受け止めます。

  


A.柳生十兵衛は、脇差で椿三十郎の太刀を受けながら、長刀を右にスライドさせながら椿三十郎の太刀をはじき返します。
  椿三十郎は太刀を返されて後ろに下がり、柳生十兵衛は両腕を大きく広げます。
  椿三十郎は、上段か斜に構えますが、ここでは上段と解釈して進めます。

  


B.間髪入れず、柳生十兵衛は左の脇差を前に出しながら両足をそろえます。

  


C.柳生十兵衛は、右腕を振り回して長刀を下から上に振り上げ、右足を出しながら椿三十郎の正面に斬り付けます。右腕は後ろからオーバースローでボールを投げるような軌道で前に出します。

  


D.同じように、今度は左腕を振り回して脇差を上から正面に振り落とします。左足が前に出ます。

  


E.更に、柳生十兵衛は右腕を振り回して長刀で正面に斬り付けます。
  椿三十郎は、後ろに下がります。

 


次に、また左腕を振り回し、上から正面に斬り付けます。
その後、前に出ていた左足を半歩下げて右足にそろえます。
両足が揃ったところで、再度Cに戻ります。ただし、今度はCと逆で、左腕と左足を最初に出します。

このように、両足そろえ→右、左、右、左→両足そろえ→左、右、左、右、 と繰り返していきます。


この動作は、剣術としてだけでなく、鎖鎌(くさりがま)にも応用可能とのことです。しかし、実際にどのように応用するのかは記述されていません。

    
    このフィギュアは、どう見ても佐藤浩市と言う
    より、プロレスラーの小橋建太にしか見えない。


Back(第六回)<< メニュー >> Next(第八回)
 
トピックス 近世史研究会 〜 無外流兵法譚
2010.03.20  無外流創始330周年記念
史談往来 「辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 噴火の章」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2008.11.15
史談往来 「宗偏流と石州流 辻月丹と茶湯」 アップ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2008.06.23
史談往来 「辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 青雲の章」 リニューアル  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2008.02.01
武道浪漫 「山口流剣術とその時代」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
2007.09.16

史談往来 「辻月丹はここにいる 無外流祖・辻月丹物語 不死鳥の章」 アップ 
2007.05.21
史談往来 「無外流と忠臣蔵 元禄赤穂事件外伝」 アップ 
2007.05.01

史談往来 「吸江寺をさがせ! 無外流が生まれた風景」 アップ 
2007.04.08
史談往来 「辻月丹はここにいる 無外流祖・辻月丹物語 青雲の章」 アップ 
2007.03.10
史談往来 「プロジェクトエックス 将軍謁見事件の真相」 アップ 
2007.03.01
史談往来 「無外流と文殊菩薩」 試験アップ 
2007.02.25
無外流兵法譚 試験アップ開始  
 COPYRIGHT(C) Modern History Workshop.

無外流兵法譚