MENU。。。チ。。フオウーホョハシヒ。?
、マ、ク、皃ヒ。。。チ。。フオウーホョハシヒ。?
サヒテフアヘ陦。。チ。。フオウーホョハシヒ。?
ノニサマイフ。。。。チ。。フオウーホョハシヒ。?
、ェフ荀、ケ遉・サ。。。チ。。フオウーホョハシヒ。?
TOP・レ。シ・ク。。。チ。。フオウーホョハシヒ。?
フオウーホョハシヒ。? クオマスコヌカッナチタ?
フオウーホョハシヒ。?
、マ、ク、皃ヒ。。。チ。。フオウーホョハシヒ。?

 

「武蔵の後半生は、いわば緩慢な悲劇であった」
そう斬り捨てたのは司馬遼太郎でした(『宮本武蔵』(昭和43年)より)。

宮本武蔵 ? 無外流兵法譚 これは、宮本武蔵の前半生が、自らの剣を追い求めて
我夢中だったその自己試練期」だったのに対して、三十歳を過ぎてからは己の名声を高めることと、その名声にふさわしい地位を得るための「猟官運動」に終始したことを、司馬史観では「緩慢な悲劇」と表現したのです。

この悲劇の原因を端的に言えば、宮本武蔵に時代への適応能力がなかったことに尽きます。戦国の世も終わり、もはや一介の
兵法者が高禄で仕官されることなど 望めない時代に生きながら、ミスマッチな就職活動を続けたあげくに時代の要請から取り残されてしまいました。

ところが、武蔵よりもさらに時代錯誤な剣豪がいました。

その人物こそ、我々がこのサイトで取り上げた
無外流の創始者・辻月丹(つじげったん)です。辻月丹が生まれたのは、武蔵が亡くなって三年後の慶安二年(1649)ですから、時代は三代将軍徳川家光の治世の末期、幕藩体制も盤石になった頃です。そんな天下泰平の時代に生まれながら、自らの剣を求道して諸国を廻り、まるで宮本武蔵とそっくりな人生を歩みます。時代錯誤も甚だしいと言わざるを得ません。

しかし、辻月丹の創始した
無外流は流行りました。
門弟の数においては、江戸時代を通して辻月丹の右に出る武芸者は存在しなかったはずです。それが辻月丹自身の望んだ結果だったのかはわかりませんが、少なくとも彼の後半生が「緩慢な悲劇」でなかったことは間違いありません。剣豪の一生とは、悲劇で終わることも珍しくはありませんが、辻月丹は間違いなく幸福な後半生を過ごせた人です。

 

雨あがる ? 無外流兵法譚 無外流といえば、池波正太郎の小説「剣客商売」や映画「雨あがる」などで時代劇ファンにはお馴染みの剣の流派です。しかし、辻月丹を知っている人は少ないと思います。ですから、まずは辻月丹と無外流について、多くの人に知ってもらいたいのです。

とは言うものの、じつは、辻月丹の生涯は武蔵以上に謎に包まれています。エピソードも眉唾物が多く、まずは彼の生涯の謎を解き明かす必要があります。ただし、歴史の検証が目的ではありません。幸福な生涯を送った剣豪の中に、我々が人生を良く生きるためのヒントを見つけることが辻月丹の研究に取り組んだ究極の狙いなのです。


我々の歴史研究の基本スタンスは「歴史は活用してこそ意味を持つ」です。
現代は、難しい時代と言われています。戦後六十年もすると、社会のシステムや構造上のさまざまな歪みが露呈しており、だから大きな改革が必要だなどとよく耳にします。じつは、辻月丹が生きた時代も、豊臣家の滅亡で戦国時代の事実上の終焉を迎えてから六十年もたち、社会の大改革が行われた時代でした。

 

我々は、この難しい現代をより良く生きるために、現代とよく似た時代を生き抜いた辻月丹と、彼が生きた時代そのものを見つめ直したいと考えます。単なる歴史物語に終わらせず、武道、宗教、食、芸能、あらゆる文化にまつわる話題も取り上げていく予定です。さまざまな分野の専門家にお話を伺い、実際の現場を取材 してフィールドワークの成果としての話題を提供していきたいと考えております。

 

最後に、このサイトを立ち上げるまでに、現在まで多くの方々のお世話になりました。とくに、貴重なご意見をいただきました普光山吸江寺の水谷昌史様、論文を引用させていただいた東京都立大学の福田千鶴様、お茶の水女子大学の福留真紀様には厚くお礼を申し上げます。

 


          「十剣秘訣」(山内神社宝物館所蔵)

 

また、東京大学史料編纂所、土佐山内家宝物資料館(山内公紀マイクロフィルム)、前橋市立図書館(酒井家史料マイクロフィルム)、国立国会図書館、姫路市立城郭研究室の皆様には、史料検索でたいへんお世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

 


 

平成十九丁亥年  近世史研究会

 


 
・ネ・ヤ・テ・ッ・ケ カ眤、サヒクヲオ豐。。。チ。。フオウーホョハシヒ。?
 Yahoo! JAPAN
 「無外流兵法譚」は、YAHOO! JAPANの
 「江戸時代」カテゴリに登録されています。
2010.03.20  無外流創始330周年記念
史談往来 「
辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 噴火の章」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2008.11.15
史談往来 「
宗偏流と石州流 辻月丹と茶湯」 アップ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008.06.23
史談往来 「
辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 青雲の章」 リニューアル  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2008.02.01
武道浪漫 「
山口流剣術とその時代」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
2007.09.16
史談往来 「
辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 不死鳥の章」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
2007.05.21
史談往来 「
無外流と忠臣蔵 元禄赤穂事件外伝」 アップ 1 2 3 4
2007.05.01
史談往来 「吸江寺をさがせ! 無外流が生まれた風景」 アップ  1 2 3 4 5 6 7 8
2007.04.08
史談往来 「辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 青雲の章」 アップ  1 2 3 4 5 6 7 8
2007.03.10
史談往来 「プロジェクトエックス 将軍謁見事件の真相」 アップ  1 2 3 4 5 6 7 8
2007.03.01
史談往来 「無外流と文殊菩薩」 試験アップ  1 2 3
2007.02.25
無外流兵法譚 試験アップ開始 
 COPYRIGHT(C) Modern History Workshop


・ヨ・テ・ッ・゙。シ・ッ、ヒトノイテ、ケ、? SEOツミコ、ハ、餞EO Studio チ・゚・・・ッ、ヌSEO チ・゚・・・ッ・ノ・ッ・ソ。シ チ・゚・・・ッX Webキニサ ク。コ・ィ・・ク・? All Web Japan Search シォニーチ・゚・・・ッスク

無外流兵法譚