MENU 〜 無外流兵法譚
はじめに 〜 無外流兵法譚
史談往来 〜 無外流兵法譚
武道浪漫 〜 無外流兵法譚
お問い合わせ 〜 無外流兵法譚
TOPページ 〜 無外流兵法譚
無外流真伝剣法訣 〜 無外流兵法譚
無外流兵法譚
史談往来 〜 無外流兵法譚
辻月丹はここにいる
 無外流祖・辻月丹物語
       青雲の章   第三回

 〜辻月丹は源氏にあらず!?〜

無外流の創始者・辻月丹資茂(つじげったんすけもち)は、慶安2年(1649)に、近江国甲賀郡馬杉村の郷士・辻弥太夫の次男として生まれました。幼名は兵内と言われています。文献によっては、月旦、白丹や資持などの記述もありますが、正しくありません。


現在の甲賀市上馬杉町付近

後に辻月丹が大名に提出した系図によれば、辻家は近江源氏の佐々木四郎高綱の流れを汲むそうですが、この系図は残っておらず真偽のほうは確かではありません。
現在確認できる辻家の家系図は、山内家宝物史料館が所有しているもので、これは幕末に都治家の最後の当主だった都治啓作が藩主に提出したものです。


都治氏系図より抜粋
(山内家宝物史料館蔵)

都治家の系図では、先祖は都治伊賀守で「実名不伴」とあるので、「伊賀守」は実名(じつみょう)ではなく仮名(けみょう)であることがわかります。都治伊賀守には「佐々木四郎源高綱末葉」と記述があることから、佐々木高綱末裔説はこの系図がネタ元のようです。
都治伊賀守から数えて七代目が、辻月丹になります。たしかに「都治月丹源資茂」の名前があり、系図では源氏を名乗っています。
ただし、辻月丹自身が源氏を名乗ったかは、少々疑問が残ります。

じつは、辻月丹がみずから名乗ったのは、源氏ではなく大伴氏だったと考えられます。
近江の大伴氏とは、鎌倉時代の初めに三河から流れてきた伴資乗(すけのり)を祖とする一族で、伴資乗の兄弟の名前が「資時」「資隆」「資成」「資満」「資朝」「資俊」であることからわかるように、諱(いなみ)の通字に「資」(すけ)を使うことが多い一族です。
また、近江の伴一族は、後に甲賀五十三家と呼ばれる一族を多く輩出したことでも知られています。
織田信長の家臣だった滝川一益も、近江伴氏の末裔です。さらに、本能寺で信長に従って死亡した伴資家(太郎左衛門)もよく知られています。

では、辻月丹が大伴氏を名乗った記録はあるのでしょうか?
それは、辻月丹の頂相(ちんそう)に書かれた讃のなかに、「大伴資茂」(おおとものすけもち)という文字で確認できます。頂相とは、禅僧の肖像画のことで、禅僧が後継者に授けるためのものです。死の直前に書かれることが多いようです。
この讃には、次のように書かれています。

  大伴資茂者近江国
  甲賀郡産而辻氏也
  号無外子一号月丹
  従成童深好剣術経
  歴諸国習練諸流而
  極其精巧遂興一流
  命曰無外流門人衆

     
     (以下省略)

この讃には、ほかにも「石譚禅師」から禅の印可を授かったことや、「嫡子」の「辻資英」(都治記摩多資英のこと)を後継者として、この頂相が贈られたことを記述しています。

辻月丹の頂相は、享保12年(1695)6月23日に亡くなる三ヶ月ほど前に描かれており、絵師は木挽狩野派の新井寒竹( ? 〜1731)です。
新井寒竹は、弘前藩のお抱え絵師で、金30両15人扶持で江戸定府として雇われました。幕府の奥絵師だった狩野常信に学び、常信の弟子の中では四天王と呼ばれた人物です。「常償寒竹」「北向寒竹」とも呼ばれました。


辻月丹資茂の頂相
絵は新井寒竹、讃は一柳頼邦が担当した。













頂相に書かれた讃は、辻月丹から無外流を学んだ大名の一人でもある伊予小松藩主・一柳頼邦(ひとつやなぎよりくに、1696〜1744)によるものです。先代藩主である一柳頼徳(ひとつやなぎよりのり、1666〜1724)も辻月丹の弟子で、諸侯随一の書道家としても知られていましたから、その後継者である一柳頼邦に依頼されたと考えられます。
鎌倉期以降の頂相は、何ら理想化や想像性を加えることが排除され、ありのままの姿を描くことを重視しているのが特徴で、一柳頼邦にとっても捏造するメリットは考えられませんから、「大伴資茂」という記述自体は、辻月丹が生前に名乗っていた姓名と考えて良いでしょう。

これらからわかるように、辻月丹の本名は、
辻月丹大伴資茂 になります。
ただし、都治氏は都治資英から以降の全員が源氏を名乗っており、大伴氏を名乗った人物は一人もいません。

家系図では源氏で、頂相では大伴氏と名乗るのは、どのような理由があったのでしょうか?
頂相が捏造でないとすれば、家系図が間違いなのでしょうか?

我々は、この家系図は幕末に書かれたものではありますが、辻月丹の頃の家系図も源氏と記載されていた可能性があると考えています。大伴氏を名乗ったのは辻月丹一代限りで、それも晩年に限定されるのだろうと推測しています。

また、家系図から、都治家の表紋が「山形四ツ目」で代紋が「隅切角ノ内二ツ引」であることがわかります。如来寺に残る辻右平太の墓石には表紋が、それ以外の都治家の墓石には代紋が彫られていることから考えれば、辻月丹は「山形四ツ目」を表紋として使用していたと考えられます。そして、都治家では師家に配慮して、師家の代紋を表紋として使用したのでしょう。

ちなみに、千鹿野茂著「日本家紋総覧」には、苗字に対する家紋の系統の割合が出ています。例えば、「伴」という苗字に一番多い家紋は、「木瓜紋」と呼ばれる家紋で、支流も含めれば伴氏の42.7%が木瓜系の紋になるそうです。そして、二番目が「引両紋」の系統で、25.3%です。辻家の代紋である「隅切角ノ内二ツ引」は引両紋ですから、この紋は伴氏の末裔を表している可能性が高いです。
さらに、宇田源氏佐々木氏の末裔は、支流も含めて31.7%が「目結紋」の系統です。辻家の表紋の「山形四ツ目」も「目結紋」の一種ですから、これは佐々木氏の末裔を表していると考えられます。

そして、結論としては、

*辻月丹は、佐々木高綱の末裔を名乗った。
*辻氏も都治氏も源氏を名乗った。
*ただし、月丹自身は大伴氏を名乗っていた。

と考えられるわけです。



Back(第二回)<< 青雲の章メニュー >>Next(第四回)
 
トピックス 近世史研究会 〜 無外流兵法譚
2010.03.20  無外流創始330周年記念
史談往来 「
辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 噴火の章」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2008.11.15
史談往来 「
宗偏流と石州流 辻月丹と茶湯」 アップ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008.06.23
史談往来 「
辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 青雲の章」 リニューアル  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2008.02.01
武道浪漫 「
山口流剣術とその時代」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
2007.09.16
史談往来 「
辻月丹はここにいる 無外流祖・辻月丹物語 不死鳥の章」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
2007.05.21
史談往来 「
無外流と忠臣蔵 元禄赤穂事件外伝」 アップ 1 2 3 4
2007.05.01
史談往来 「
吸江寺をさがせ! 無外流が生まれた風景」 アップ  1 2 3 4 5 6 7 8
2007.04.08
史談往来 「
辻月丹はここにいる 無外流祖・辻月丹物語 青雲の章」 アップ  1 2 3 4 5 6 7 8
2007.03.10
史談往来 「
プロジェクトエックス 将軍謁見事件の真相」 アップ  1 2 3 4 5 6 7 8
2007.03.01
史談往来 「
無外流と文殊菩薩」 試験アップ  1 2 3
2007.02.25
無外流兵法譚 試験アップ開始   
 COPYRIGHT(C) Modern History Workshop.

無外流兵法譚