MENU 〜 無外流兵法譚
はじめに 〜 無外流兵法譚
史談往来 〜 無外流兵法譚
武道浪漫 〜 無外流兵法譚
お問い合わせ 〜 無外流兵法譚
TOPページ 〜 無外流兵法譚
無外流真伝剣法訣 〜 無外流兵法譚






























































正確には、露木亦三郎の後に、
藩から自鏡流居合指南役を命
じられた人物が複数います。
それらは、例えば戊辰戦争中
の大阪城内で、数日間だけ指
南役になっただけとか、本来の
指南役とは言い難い者ばかり
なので露木を最後の指南役と
しました。

無外流兵法譚
史談往来 〜 無外流兵法譚
辻月丹はここにいる
 無外流祖・辻月丹物語  

       不死鳥の章   第八回

  〜 自鏡流居合の真実 A 〜


土浦藩には、自鏡流居合のほかに、関口流から派生した真心流居合も伝わっています。徳川三百諸侯のなかでも、これほど居合が盛んな藩は、珍しいと言えましょう。


 歌手の氷川きよしが唄った
 『一剣』は、島田虎之助が
 主人公である。島田は、土
 浦藩で直心影流を教えて
 いた。

しかし、土浦藩といえば、どうしても直心影流のイメージで見てしまいます。直心影流のイメージが強烈過ぎて自鏡流居合の影が薄くなった....というのは冗談としても、前述したような、「自鏡流居合は、6代目・山川能毅で後継者が絶えた」という説は、どこから生まれたのでしょうか?

我々が確認できた限りでは、この通説のもっとも古い記述は、中川申一著『無外流居合兵道解説』(昭和35年)と思われます。同著では、山川能毅後の自鏡流について、

「自鏡流はその後跡が絶えたゝめ無外流によって保存されることゝなったのである。」

とあります。
我々の調査では、高橋達蔵(充玄)の嫡男の八代・高橋八助(成行)が、修行の一環として江戸へ出て、自鏡流居合の「家元」山川能毅を訪問したのが、記録上では高橋家と土浦藩「家元」との交流の最後でした。天保11年(1840)のことです。そして、その後高橋家と土浦藩の自鏡流居合「家元」との交流を確認することは出来ません。
また、高橋家に伝わる目録にも、山川能毅の後の土浦藩の「家元」にかんする記述がなかったため、中川は自鏡流居合の「本流」までも「途絶えた」と勘違いしたのでしょう。そして、中川の後継者らによって、この説が定説化したものと考ています。


自鏡流居合家元だった山村家累代の墓標
(東京都多摩市)

じつは、土浦藩における自鏡流居合の伝統は、天保10年(1839)年に建てられた藩校「郁文館」のカリキュラムに取り入れられ、その本拠地が江戸深川から土浦に移っていたのです。天保11年以降、江戸を訪れた高橋家の人々と、自鏡流居合の「家元」との交流が途絶えたのは、こういう経緯があったからなのです。

ここで、土浦藩最後の自鏡流居合指南役、露木亦三郎(つゆきまたさぶろう)と先代の杉村機兵衛(きへい)の生涯を追ってみましょう。

まず、杉村機兵衛は父・中太夫武竪(たけたて)の3男として寛政9年(1797)に生まれています。文化9年(1812)12 月に九代藩主・土屋彦直に御目見後、中小姓、馬廻などを経て中小姓與頭を勤めます。待遇は20人扶持で、土浦藩では熨斗(のし)と呼ばれる下級役人の部類です。
文政9年(1826)3月2日に、「自鏡流居合免許相済候ニ付キ稽古所へ罷(まか)リ出デ世話」を命じられ、天保12年(1841)4月4日まで郁文館での自鏡流居合指南役を勤めました。翌、天保13年(1842)6月13日には郁文館世話役となり、自鏡流居合の師範役も続けました。
明治3年(1870)6月23日に病死しています。享年74歳でした。

いっぽうの露木亦三郎は、文化11年(1815)に父・勝兵衛の嫡男として土浦で生まれました。文政9年 (1826)11 月に藩主・土屋彦直に御目見後、天保3年(1832)8月13日に家督を相続しています。待遇は50石で役職は広間番ですから、杉村より格下で足軽より上の徒格(かち)という軽輩の身分です。
露木亦三郎は、居合と馬術の免許を許されています。

  弘化元年(1844)12月26日  自鏡流居合免許
  弘化5年(1848)2月15日     八條流馬術免許

嘉永6年(1853)12月25日〜慶應3年(1867)7月27日まで、14年間は自鏡流居合の師範役となっています。明治23年(1890)9月29日に77歳で亡くなりました。
亦三郎の嫡男・露木虎之助は、同じく八條流馬術免許を済ませて、中小姓番として土屋家に仕えていますが、自鏡流居合の免許は取得していません。大正5年(1916)に70歳で亡くなっています。


 「近世土浦史」(明治38年)の「郁文館武術」(右
 32ページ)によると、土浦藩での筆頭武芸は兵学
 で、以下、剣術、槍術、馬術、砲術、弓術、居合
 術(左46ページ)、柔術、棒術の順となり、居合の
 地位は意外と低かったことがわかる。
 ところが居合の人気は高かったようで、藩士達
 が学んだ武芸を「諸士年譜」でたどると、多くの
 藩士が、直心影流(剣術)か自鏡流居合のどち
 らかを学んでいたことが確認できる。

我々は、土浦藩の「諸士年譜」「土浦分限帳」を使って、土浦藩の「自鏡流居合免許」取得者のリストを作成しました。
露木亦三郎は明治23年に亡くなりましたが、それ以降に生存していた免許取得者を探し出すためです。残念ながら、これら武鑑類には藩主への初御目見得と免許取得年月日、家禄と役職履歴の記載はありますが、生死の情報はほとんど抜け落ちています。
例えば、荒木彌一兵衛(やいちひょうえ)の生涯も詳細に突き止めていますが、生年だけは不明です。ちなみに荒木は、嘉永元年(1848)3月22日に病死しています。

このように、自鏡流居合を学んだ藩士の生年と没年が判明する例は多くありません。それでも、二人の名前が確認できました。一人は、大正3年(1914)5月23日に亡くなった小出藤一郎、もう一人は、大正7年(1918)2月14日に亡くなった藤井夏造です。それ以降の生存者もいると思いますが、はっきり生死が確認できるのはこの二人だけです。
それにしても、自鏡流居合の「本家本流」を継ぐ免許取得者が大正7年まで生きていたことは、驚くべきことです。


   土浦藩の藩校 『郁文館』
 郁文館には、学問を学ぶ文館と
 武芸を鍛錬する武館に分けられ
 ていた。自鏡流居合は、武館で
 教授されていた。

我々は無外流の母流と言われる「山口流剣術」が、辻月丹の頃に失伝したのではなく、明治維新まで富山で伝承されていることを突き止めました。富山での調査では、流祖・山口卜真斎が書いたと伝えられる「山口流剣術」の図解入りの目録をはじめ、貴重な伝書類を読むことができたことは、とてもラッキーだったと思っています。
今回の旧土浦藩関連の調査では、同じように自鏡流居合にかんしても多くの収穫がありました。
そのほとんどは、この章のテーマからは逸脱するため、こでは割愛せざるを得ませんが、いずれ項を改めて紹介する予定です。



Back(第七回)<< 不死鳥の章メニュー >>Next(第九回)
 

トピックス 近世史研究会 〜 無外流兵法譚
2010.03.20  無外流創始330周年記念
史談往来 「辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 噴火の章」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2008.11.15
史談往来 「宗偏流と石州流 辻月丹と茶湯」 アップ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008.06.23
史談往来 「辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 青雲の章」 リニューアル  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2008.02.01
武道浪漫 「山口流剣術とその時代」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
2007.09.16
史談往来 「辻月丹はここにいる 無外流祖・辻月丹物語 不死鳥の章」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
2007.05.21
史談往来 「無外流と忠臣蔵 元禄赤穂事件外伝」 アップ 1 2 3 4
2007.05.01
史談往来 「吸江寺をさがせ! 無外流が生まれた風景」 アップ  1 2 3 4 5 6 7 8
2007.04.08
史談往来 「辻月丹はここにいる 無外流祖・辻月丹物語 青雲の章」 アップ  1 2 3 4 5 6 7 8
2007.03.10
史談往来 「プロジェクトエックス 将軍謁見事件の真相」 アップ  1 2 3 4 5 6 7 8
2007.03.01
史談往来 「無外流と文殊菩薩」 試験アップ  1 2 3
2007.02.25
無外流兵法譚 試験アップ開始    
 COPYRIGHT(C) Modern History Workshop.

無外流兵法譚