MENU 〜 無外流兵法譚
はじめに 〜 無外流兵法譚
史談往来 〜 無外流兵法譚
武道浪漫 〜 無外流兵法譚
お問い合わせ 〜 無外流兵法譚
TOPページ 〜 無外流兵法譚
無外流真伝剣法訣 〜 無外流兵法譚
無外流兵法譚
史談往来 〜 無外流兵法譚
宗偏流(そうへんりゅう)と
    石州流(せきしゅうりゅう)
   
    辻月丹と茶湯
  
                第一回


宝永3年(1706)8月27日、無外流祖・辻月丹の姿は神田の護持院の茶席にありました。
旧暦の8月27日を現在の暦に換算すると10月3日ですから、5万坪を誇る護持院の広大な敷地では、まさに秋が深まろうとしていました。


隆光上人蔵(護国寺蔵)
護持院は、現在の東京都千代田区一ツ橋にあった新義真言宗の寺院で、その後、享保2年(1717)に火事で焼失するまでこの地にありました。

この日の茶席の亭主は住職の隆光大僧正で、正客は伊予宇和島藩主・伊達宗贇(むねよし)、次客以下の席には石原市左衛門、石原與五左衛門、そして辻月丹が相伴していました。
茶会記などは残されていないので、どんな道具が使われてどのような会話がなされたかなどは一切不明ですが、伊達家の記録には、隆光大僧正と伊達宗贇はこの日が初対面であることが記載されています。
さらに、辻月丹は伊達宗贇に連れ従って護持院にやって来たこと、隆光と辻月丹は初対面ではないこと、などが読み取れます。つまり、辻月丹は伊達宗贇に連れ従ってやって来たものの、隆光ともすでに面識があったことになります。
隆光と伊達宗贇の面会を仲介したのが辻月丹だったかまでは読み取れませんが、考えられることではあります。

正客の伊達宗贇(1665〜1711)は、仙台藩3代藩主・伊達綱宗(1640〜1711)の三男で、伊予宇和島藩・伊達家の養子となって宇和島藩主を継いでいた人物です。伊予宇和島藩伊達家は、仙台藩初代の伊達政宗の長男・伊達秀宗の系統で、2代目の伊達村利の娘婿として、本家の仙台藩の伊達宗贇が養嫡子となったのです。
ちなみに、伊達宗贇の実兄である伊達綱村(1659〜1719)は、伊達騒動で隠居となった父・綱宗に代わってわずか2歳で仙台藩を継いだ人物であるとともに、江戸初〜中期を代表する茶人大名としても知られています。



亭主の隆光大僧正は、5代将軍・徳川綱吉とその生母・桂昌院が帰依したことで知られており、俗説では綱吉に「生類憐みの令」の発布をそそのかした張本人とされる僧侶です。
綱吉の後ろ盾によって、元禄8年(1688)には僧官制度の最高位である大僧正にまで登り詰めたものの、伊達宗贇と会った2年後の宝永6年1月に綱吉が亡くなると隆光自身も失脚して江戸を追放されることになります。しかし、宝永3年はその権勢が絶大だった時期ですから、当時の僧侶の頂点に君臨していた隆光と辻月丹の間に交流があったことは興味深いことです。
ちなみに隆光の日記でも、簡潔ながらこの日に「伊達遠江守殿、始めて之を招く」と記述があります。

ここに登場する伊達宗贇も父親の伊達綱宗も、辻月丹に入門誓紙を提出した大名でした。
辻月丹の無外流剣術に入門した大小名は30家とも50家とも言われるものの、辻月丹が藩の公式記録や藩主の手紙などの第一級史料に登場するケースは多くありません。しかも、茶席に招かれたことを証明する史料は、この例以外には見つかっていません。
しかし、当時は大名茶道が盛んだった時代でもあり、こうして辻月丹が茶席に相伴していた事実を考えると、現役の禅僧でもある辻月丹と大名たちは、剣術の道場での関係だけでなく、茶友としての交際もあったと考えるべきでしょう。

従来の言い伝えでは、麻布吸江寺(きゅうこうじ)に参禅する大名たちと禅友として交際していたことになっていますが、当時の吸江寺に大名たちが簡単に参禅できたとは考えにくいことです。
むしろ辻月丹が大名屋敷に招かれたと考える方が自然で、そのひとつの手段として茶席があったと考えるべきです。とくに、辻月丹がこれだけ多くの大名と交際があったということは、大名から別の大名へ紹介される機会もあったはずで、そうした会見場には茶席が相応しかったのです。

前置きが長くなりましたが、今回は辻月丹が出会った武家茶道を通して当時を見ていきましょう。


宗偏流と石州流メニュー >>Next(第二回) 
トピックス 近世史研究会 〜 無外流兵法譚
2010.03.20  無外流創始330周年記念
史談往来 「
辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 噴火の章」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2008.11.15
史談往来 「
宗偏流と石州流 辻月丹と茶湯」 アップ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008.06.23
史談往来 「
辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 青雲の章」 リニューアル  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2008.02.01
武道浪漫 「
山口流剣術とその時代」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
2007.09.16
史談往来 「
辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 不死鳥の章」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
2007.05.21
史談往来 「
無外流と忠臣蔵 元禄赤穂事件外伝」 アップ 1 2 3 4
2007.05.01
史談往来 「
吸江寺をさがせ! 無外流が生まれた風景」 アップ  1 2 3 4 5 6 7 8
2007.04.08
史談往来 「
辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 青雲の章」 アップ  1 2 3 4 5 6 7 8
2007.03.10
史談往来 「
プロジェクトエックス 将軍謁見事件の真相」 アップ  1 2 3 4 5 6 7 8
2007.03.01
史談往来 「
無外流と文殊菩薩」 試験アップ  1 2 3
2007.02.25
無外流兵法譚 試験アップ開始 
  
 COPYRIGHT(C) Modern History Workshop.

無外流兵法譚