MENU
はじめに
史談往来
武道浪漫
お問い合わせ
TOPページ
無外流兵法譚
プロジェクト・エックス

 将軍謁見事件の真相  第六回


しかし、運命とは皮肉なものです。
7代将軍家継が亡くなり、享保元年(1716)、紀州藩主の徳川吉宗が将軍職を継承しました。
もちろん、酒井忠挙にとって徳川吉宗は接点のない人物でした。
ところが、徳川吉宗は酒井忠挙に興味を持っていました。

八代将軍 徳川吉宗像 〜 無外流兵法譚まず、徳川吉宗は将軍になってすぐ、享保元年7月5日に、隠居していた酒井忠挙と小笠原長重をそろって江戸城に召します。「有徳院殿(吉宗)御実記」によれば、このときの酒井忠挙は、「将軍の親政、冗員の淘汰、風俗の矯正等の事を極信す」とあります。綱吉以来30年間続いた側用人の政治を止めて、将軍の親政を進言したのです。

徳川吉宗は将軍就任直後から、それまでの側用人制度を廃止し、江戸時代初期のように譜代門閥大名を優遇する政策を打ち出します。また、「前官礼遇」として名門譜代の前藩主や老中経験者たちを江戸城に招いて慰労しますが、それ自体は一種のパフォーマンスに過ぎませんでした。しかし、徳川吉宗にとって酒井忠挙だけは別だったようです。なぜなら、酒井だけは慰労だけに終わらず、その後も頻繁に意見交換をしているのです。
譜代大名筆頭という家柄に徳川吉宗が注目したのでしょうか?それもあるでしょうが、酒井家と並んで、譜代筆頭のツートップの一翼だった彦根藩井伊家では、大老まで経験した井伊直興(なおおき)が一度も呼び出されていないことから考えると、吉宗は酒井忠挙個人になんらかの興味を抱いていたとしか考えられません。
幕府の記録である「酒井忠挙論時弊答吉宗之詰問」(全二巻)には、徳川吉宗と酒井忠挙の会話だけでなく、二人の書簡もすべて列記されていますが、ここで徳川吉宗が酒井忠挙のことを「もう少し若く健康であれば、毎日でも呼んで政治を論ずべき者」と評していることは特筆に値するでしょう。

ちなみに、酒井忠挙がそれまでで最後に将軍に単独面会したのは、宝永4年11月7日に、5代将軍綱吉に隠居の挨拶をしたのが最後です。六代家宣にも七代家継にも単独での謁見はしていません。ですから、10年ぶりに将軍に呼び出されたとき、一番に驚いたのは酒井忠挙自身だったのかも知れません。

さらに半年後、享保2年3月13日にも酒井忠挙を呼び出しました。酒井忠挙から出された「将軍親政」という宿題に答えるためです。徳川吉宗は、「生類憐れみの令」で禁止されていた、「鷹狩り」を三ヶ月後に復活させると打ち明けます。では、「鷹狩り」と「将軍親政」とどんな関係があるのでしょうか?
将軍親政を実現するには、将軍自身のリーダーシップはもちろん、カリスマ性が不可欠です。これまでの将軍は、すべて二代将軍秀忠の子孫というブランドがありましたが、徳川吉宗にはそれすらなかったのです。
徳川家康から吉宗までの系図 〜 無外流兵法譚
徳川吉宗には、秀忠の子孫というブランドがなかった
そこで徳川吉宗が思いついたことは、徳川家康を見本にするというパフォーマンスでした。自分がやることは、すべて権現様(徳川家康)を見習ったものだと宣言をすることで、家康のカリスマ性にあやかろうとしたのです。そのひとつとして、家康が好んだ「鷹狩り」に注目したわけです。しかも、「鷹狩り」とは今日で言うところの、一種の軍事パレード的な示威効果も持っています。天下に自身のリーダーシップをアピールするのにうってつけでした。この後、徳川吉宗は生涯に388回もの「鷹狩り」を続けることになります。

さらに翌年、享保3年1月7日には、また酒井忠挙と小笠原長重の二人を登城させて話を聞いています。
おそらく、このとき酒井忠挙と小笠原長重には、10年前の辻月丹謁見の夢が再燃したのではないでしょうか?
そして、翌年2回目の御目見得願へ結実したと思われます。
ちなみに、徳川吉宗の「鷹狩り」の総責任者が大久保常春です。酒井忠挙は、大久保常春ら幕閣に根回しした上で、辻月丹の御目見得願書を託したのです。

謁見願書を読む吉宗 〜 無外流兵法譚徳川吉宗が謁見を許可しなかった理由はわかりません。
許可を待っていたところ、享保5年に酒井忠挙が死去したため計画が中止になったと考えるのが正しいでしょう。
徳川吉宗には武術好きなイメージがありますが、新陰流との関係だけを見るとひじょうに特異な将軍なのです。歴代の将軍の中で、将軍時代に新陰流の稽古はおろか、上覧演武すら見たことがないのが、七代家継と八代吉宗だけなのです。家継は子供のまま短期政権で亡くなったので仕方がないとしても、徳川吉宗が三十年間の将軍時代に一度も新陰流に係わっていないことは、かなり特殊な将軍といえます。(吉宗自身は、紀州時代に九歳から新陰流の稽古をはじめており、自分の息子たちには稽古をさせています)
つまり、徳川吉宗は将軍の権威高揚に新陰流のネームバリューは利用価値がないと考えていたわけで、ここまで合理的に考える人間に、浪人の謁見など望むべくもないのかも知れません。


Back(第五回)<< 史談往来メニュー >>Next(第七回)
 
トピックス 近世史研究会
2010.03.20  無外流創始330周年記念
史談往来 「辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 噴火の章」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2008.11.15
史談往来 「宗偏流と石州流 辻月丹と茶湯」 アップ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008.06.23
史談往来 「辻月丹はここにいる 無外流祖 辻月丹物語 青雲の章」 リニューアル  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2008.02.01
武道浪漫 「山口流剣術とその時代」 アップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
2007.09.16
史談往来 「辻月丹はここにいる 無外流祖・辻月丹物語 不死鳥の章」 アップ 
2007.05.21
史談往来 「無外流と忠臣蔵 元禄赤穂事件外伝」 アップ 
2007.05.01

史談往来 「吸江寺をさがせ! 無外流が生まれた風景」 アップ 
2007.04.08
史談往来 「辻月丹はここにいる 無外流祖・辻月丹物語 青雲の章」 アップ 
2007.03.10
史談往来 「プロジェクトエックス 将軍謁見事件の真相」 アップ 
2007.03.01
史談往来 「無外流と文殊菩薩」 試験アップ 
2007.02.25
無外流兵法譚 試験アップ開始  
 COPYRIGHT(C) Modern History Workshop.

無外流兵法譚